IT化に癒しを求める

今、IT技術がすごい進歩を遂げていると世界で話題になっていますよね。
その影響もあってか日本で古くから馴染みのある食べ物の一つに「お寿司」というものがありますが、最近ではこれもロボットが作る時代だと言います。

また近年、結婚しない人・晩婚化などが進んでいるということもあり、年を取っても一人で生活している方が多いと言います。そういった方のために「一緒に食事を食べてくれるビデオ」や、そういった類の人形なども発売されているのだそうです。
しかし、驚くのはまだ早いですよ。

実は、その人形は話ができるのです。あまり込み入った会話はできませんが、普通の友人関係程度の会話ならば問題なくできるといいます。この人形の制作者側では、「言葉や表情などをITに詳しい方たちがプログラミングしているのだ。」と言います。一昔前は、人間の形ではなく普通のロボットといった形だったのですが表情や動きなどの細かい部分の研究が進み、現在のような人間そっくりの形に作ることが可能となりました。また、話し方なども何万人の方を対象に研究された上でプログラミングされていますので、人形に慣れてしまえば本物の人間だと感じるのだそうです。

瞬きなども自然に行うことができるため一瞬では見分けがつかないこともあるのではないでしょうか。
近頃の日本はストレス社会と呼ばれているためか、こういったものに癒しを求める方も多いのだといいます。これからの日本は、本格的なITの時代となり国民が今まで以上のより良い生活を送れるようになることでしょう。

そして本格的なIT化社会が、未来の独立開業を夢見るエンジニアたちのトビラを開くことにも繋がるでしょう。⇒参考サイト「個人事業主イロハ

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>